ランキングに参加しています。  ranking-banner


ベビーバス、ベビー石鹸、シャンプー






    ⇒ おすすめベビーバスはこちら

    ⇒ おすすめ洗面器はこちら

    ⇒ おすすめベビーシャンプーはこちら

    ⇒ おすすめ湯温計はこちら

    ⇒ おすすめ爪きりはこちら





赤ちゃん
は新陳代謝が激しく、

汗や脂、おしっこやうんちなどで汚れやすいので、

1日に1回は入浴させてあげる必要があります。



生後2か月
くらいまでは、抵抗力のなし赤ちゃんは

大人と同じお風呂ではなく、ベビーバスを使用します。

そのためにベビーバスはぜひ用意しておきたいものですが、

これも長く使うものではないので、レンタルで十分でしょう。



赤ちゃんをバスの中で安定させて洗うことのできるネットもあります。



また、赤ちゃんを緊張させないようにする

産湯用
の大きめのガーゼもぜひ用意したいところです。



そのほか、お湯の温度を計る温度計やベビー用せっけん、シャンプー

洗面器や爪きり、綿棒なども用意しておくとよい でしょう。



ベビー用石けんやシャンプーなどは、

大人用よりも刺激が少ないものになっています。





    ⇒ おすすめベビーバスはこちら

    ⇒ おすすめ洗面器はこちら

    ⇒ おすすめベビーシャンプーはこちら

    ⇒ おすすめ湯温計はこちら

    ⇒ おすすめ爪きりはこちら




ランキングに参加しています。  ranking-banner



哺乳びん






    ⇒ おすすめ哺乳瓶はこちら

    ⇒ おすすめミルカーはこちら

    ⇒ おすすめ調乳用ポットはこちら






母乳だけで育てようと考えている人も

哺乳びん
は2〜3本くらい用意しておくとよいでしょう。



ミルク
ばかりでなく湯冷ましや果汁を

飲ませるのに使用するためです。



乳首
も赤ちゃんの月齢に合わせて、

飲む量を加減できるようになっていますから

それを用意します。



哺乳びんの消毒用の鍋は専用にし、

料理など他の目的では使わないようにします。



今は電子レンジに入れたり、薬品につけたり、

消毒専用のグッズもいろいろ市販されています。

そういった便利なものを買って使用してもよいでしょう。



そのほか、哺乳びんやその他調乳グッズを入れておく

フードボックス
があると便利です。



1回分のミルクを何回か分け入れておくミル力ーや

調乳用のポット、外出用ミルクの保温ケースなども便利ですが、

ミルクを飲むようになってからそろえてもよーでしょう。




    ⇒ おすすめ哺乳瓶はこちら

    ⇒ おすすめミルカーはこちら

    ⇒ おすすめ調乳用ポットはこちら




ランキングに参加しています。  ranking-banner



マットレス



     ⇒ マットレスのいろいろ





ベッドにしろ、畳の上に寝かせるにしろ、

赤ちゃん
の背中はまっすぐなので、マットレス

しっかりしたかためのものを選びましょう。



赤ちゃんだからやわらかめの布団がよいのではないか?

と思う人もいるかもしれませんが、

赤ちゃんの背骨の成長にはかたい方がよいことがわかっています。



マットレスの上には、薄い敷布団を敷いて

その上にシーツを敷きますが、

そのほかに防水シートやキルティング、

あるいはパッドなどを用意しておくと

おしっこが漏れてもほかを汚さずにすみます。



キルティングやパッドなどを数枚用意しておいて、

汚れたらすぐ洗えるようにしておけば、

いつも清繰で気持ちのよい状態が保てます。




枕は低いものか、薄いタ才ルをたたむなど、

頭を乗せる程度の高さでかまいません。





     ⇒ マットレスのいろいろ




ランキングに参加しています。  ranking-banner



ベビーベッド


     ⇒ ベビーベッドのいろいろ





ベビーベッド
はどうしても必要というものではありません。

ベビー布回
を畳にに敷いてもかまわないのですが、

上に兄弟がいたり、ペットを飼っていたりして、

赤ちゃんを畳に寝かせるのに抵抗がある場合や

ママたちもベッドで寝ているというようなときには

必要になるでしょう。



そのときでも、ベッドをいつまで使うのかを考慮する必要があります。

幼児になるまで使うのであれば、

少し大きめのものを購入すればよいのですが、

赤ちゃんのうちだけというのであれぱ、

レンタルを利用してもいいでしょう。




ベッドはしっかりしたものを選び、

棚の間隔もあまり広いものは避けましょう。

頭をはさんだりすることがありますので危険です。



見た目のかわいさよりも実用の面でもよく考えることです。





     ⇒ ベビーベッドのいろいろ




ランキングに参加しています。  ranking-banner



紙オムツ


     ⇒ 紙オムツのいろいろ





最近は紙おむつも通気性がよく、

もれにくい質のよいものも増えていています。



おしっこやうんちの回数の多い新生児には、

全部紙おむつにするのはもったいないですが、

夜間だけ使用するというふうに

うまく使いわけてもよいでしょう。



紙オムツ
はもれにくいからという便利さによりかかって、

替えるのをなまけるということだけは避けるようにしましょう。






     ⇒ 紙オムツのいろいろ




ランキングに参加しています。  ranking-banner



オムツ


     ⇒ オムツのいろいろ





昔は白いさらしか、着古しの浴衣でつくったおむつでしたが、

今は市販のものが多くなっています。



布おむつ
そのものは、

だいたい30組くらい用意しておけばいいでしょう。



おむつカバー
にもいろいろな種類がありますが、

通気性のよい製品を選ぷ必要があります。



あてかたやデザインも、なるべく足の自由のきくように

考えてあげることです。



枚数については、一度に同じサイズを何枚も買う必要はありません。

赤ちゃんの成長は目ざましいもの。

新生児用のおむつカバーもすぐ小さくなってしまいますから、

はじめは3〜4枚程度用意しておけばよいでしょう。




赤ちゃんの成長のようす、汚す頻度などに合わせて、

徐々に新しいサイズのものを買い足していきます。





     ⇒ オムツのいろいろ




ランキングに参加しています。  ranking-banner



そろえておきたい衣類


 ● 短肌着  4〜5枚

  袖なしや3分そでを中心に。
  寒い季節には長下着やコンビ下着を組み合わせましょう。

     ⇒ 短肌着のいろいろ





 ● 長下着  4〜5枚
  
  赤ちゃんの足までおおうため、保湿性に優れています。
  おむつがえにも便利です。

     ⇒ 長下着のいろいろ





 ● コンビ下着  3〜4枚  

  足の下が二股に分かれているため
  動きが激しくなってもめくれなくて便利

     ⇒ コンビ下着のいろいろ




 ● 兼用ドレス   5枚

  新生児のころはドレスで。
  動きが激しくなったころ、スナップをとめてオーバーオールに

     ⇒ 兼用ドレスのいろいろ




 ● お出かけ用ドレス  1枚

  1カ月検診やお宮参りの用に1枚あれば便利。
  複数は必要ないでしょう。

     ⇒ お出かけ用ドレスのいろいろ




 ● ベスト  1枚

  外出時など寒いときに、ドレスの上に着せてあげましょう。

     ⇒ ベストのいろいろ




 ● 帽子  1個

  外出や日光浴用に。
  ひさしのある形のものを選びましょう。

     ⇒ 帽子のいろいろ




 ● よだれかけ  3〜4枚

  生後1カ月ころから使用頻度がたかまります。
  小さいうちはガーゼのものがいいでしょう。

     ⇒ よだれかけのいろいろ





 ● おくるみ  1枚
 
  夜中の授乳や外出用にあれば便利
  木綿やウールのものがあります。

     ⇒ おくるみのいろいろ





 ● アフガン  1枚

     ⇒ アフガンのいろいろ




ランキングに参加しています。  ranking-banner



頻度の少ないものは、レンタルやリサイクルも




最近ではいろいろなベビー用品が出回るようになり、

デパートや量販店、ドラッグストアのベビーコーナーには、

たくさんの品物が並んでいます。



ながめていると、ついなんでもほしくなってしまいますが、

ほとんど使わないものに高いお金をかけるなど、

ムダなことをしないためにも計画的にそろえていきたいものです。



そのためには、必要なもののリストをつくって

何をどのように集めたらいいのか考えましょう。



まったく検討もつかない場合には、次回の表を参考にしたり、

デパートのベビーコーナーにいるコンサルタントに

相談するのもよいかもしれません。



なお、ベビーベッドやベビーバス、赤ちゃん用の体重計など、

限られた時期にしか使わないものはレンタルしたり、

リサイクルショップを探したりするのが賢い方法です。



レンタルショップの品物は、きちんと消毒がされていますが、

だれかが使った品物はいやだという場合には、

新品を指定することもできます。



そのほか、必要最低限のものだけ用意しておき、

産後、必要に応じて徐々にそろえていってもよいでしょう。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



便秘の改善 豆類




便秘を解消するのに最もよい食品である繊維食品

具体的にあげますと、豆類はその王様といえましょう。



大豆をはじめ小豆、うぐいす豆、うずら豆、えだ豆

そら豆、おたふく豆などの種類です。



また玄米にも繊維が多くふくまれ、

便秘には効果がありますが、

消化があまりよくないので、

ふだんから食べ慣れてしる人のほかは

無理に食べるのは危険です。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



塩分は控えめに、好き嫌いも直しましょう




塩分はひかえめにしないと、

むくみや高血圧を招くことになります。



通常のときでも塩分のとりすぎは注意されますが、

妊娠中はとくに気をつけなければなりません。

できるだけソースや醤油、味増なども少なめに使うことが大切です。



加工食品、たとえばハムやソーセージにも食塩はふくまれていますから、

必要以上に使用しないようにしましょう。



食べるものの好ききらいは誰にでもあることですが、

妊娠を契機に食べものの嗜好が変わったという人もいます。

できればこの機会を利用して、偏っていた食事習慣を矯正するのも一案です。



妊娠中はなるべくたくさんの食品を

バランスよく食べるのが一番いいことなのですから、

新しい分野に挑戦してみるのもいいでしょう。



かといって、無理は禁物。

自然にさからわない程度に調理方法などを

工夫して偏食を少なくするのがいい方法です。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。