ランキングに参加しています。  ranking-banner


産婦人科の初診

初診の手順



★尿検査

ほとんどの病院では、受付をすませると、まず尿検査を行います。

妊娠すると、尿に絨毛性ゴナドトロピンが排出されるので、

このホルモンが検出されるかどうかを調べるのです。

だいたい妊娠5週以降ならほぼ確実にわかります。



★問診

下のようなことを聞かれます。

あらかじめメモしていくとよいでしょう。



 ●最終月経の開始日や月経周期

 ●結婚した年齢

 ●妊娠・出産の経験があるか

 ●流産・中絶の経験があるか

 ●アレルギーがあるか

 ●いままでにどんな病気にかかったか

 ●いまの健康状態はどうか

 ●血縁者に高血圧や糖尿病などの人がいるか




★内診

至急の大きさや形、やわらかさを調べます。

また膣や卵巣、卵管に以上がないかどうかも確かめます。

必ずしなければならない検査ですから、

恥ずかしがらずに医師の指示に従いましょう。



★超音波検査(経腹的・経腹的)

最近はほとんどのところで超音波検査が行われます。

尿検査では、胞状奇胎や、子宮外妊娠などの異常妊娠でも

反応が出るので、超音波検査で正常な妊娠かどうかを確かめます。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。