ランキングに参加しています。  ranking-banner


妊娠中のいろいろな血液検査

血液型、貧血、梅毒血清反応、B型肝炎ウイルスなどの検査は必須で

風疹一抗体価の検査、トキソプラズマ抗体の検査、

成人T細胞白血病の検査、エイス検査などは必要に応じて行なわれます。





ランキングに参加しています。  ranking-banner





● 血液型

初診のときに、ABO型とRh型を調べます。

Rh式の検査は、母親と胎児の間の血液型不適合を

あらかじめ予測し、早く処置するためです。

また、血液型を知るのは、分娩のとき出血がひどく、

輸血が必要になることも考えられるからです。



こうした事態にそなえて、夫の血液型も

わかっていたほうがいいので、

この機会に一緒に検査をしておくといいでしょう。




● 貧血

貧血は赤血球の中の血色素(ヘモグロビン)の不足によるものです。

血色素には酸素を運ぶ大切な役目があります。

母親のおなかの中の胎児に酸素を運ぶのも、

母体のヘモグロビンなので、貧血がひどいと、

胎児に酸素を十分供給できません。

そのため、胎児の発育に障害が生じたり、

異常出血があった場合は、母体も障害をきたすことになります。

貧血かどうかは、赤血球中の血色素の量でわかります。



妊娠中はどうしても貧血になりやすいため、

最初は貧血でなかった人も、妊娠がすすむにつれて

貧血になることがあります。

そのため、貧血の検査は中期から末期にかけて再度実施します。

貧血と診断されたら、鉄剤を飲むなど治療が必要になります。




● 梅毒血清反応

妊婦が梅毒にかかっていると、胎児にも感染します。

しかし、早く発見して治療すれば、

胎児への感染を防ぐことができるので、

妊娠がわかった時点で必ず検査します。




梅毒の病原菌トレポネーマ・パリードウムは、

胎盤を通して胎児に感染し、赤ちゃんが先天梅毒旧ルとして生まれたり、

流産や早産する確率も高くなります。

梅毒と聞いてもピンとこない人が多いかもしれませんが、

女性はたとえ梅毒に感染していても、

80%は症状としてあらわれないので、

気がつかないでいることが多いのです。




● B型肝炎ウイルスの検査

B型肝炎ウイルスは主として血液を介して感染します。

大人が感染すると肝炎を起こします。

一方、小児ではウイルスが体内にはいりこんだまま

発病しない場合もあり、これをキャリアといいます。

母親がキャリアの場合、生まれてくる赤ちゃんにも

かなり高い確率で感染してキャリアになることがあります。



しかも、キャリアは大人になってから肝硬変や

肝臓ガンにかかる可能性も高いので、検査の結果、

母親が感染力のあるウイルスを持っていることがわかると、

生まれてきた赤ちゃんにB型肝炎ウイルスの

免疫グロブリンやワクチンを注射します。

赤ちゃんに感染した肝炎ウイルスはこれで破壊することができるわけです




● 風疹抗体価の検査

風疹が流行すると、抗体のない妊婦は心配になりますが、

風疹の抗体があるかどうかは、妊娠前に知っておく必要があります。

妊娠後の検査で抗体がないことがわかったら、

風疹に感染しないように注意しましょう。




● トキソプラズマ抗体の検査

トキソプラスマはイヌネコ、ブタなどに寄生する原虫で、

妊娠中に感染すると水頭症などの奇形児が生まれることがあります。

以前感染していて、抗体があれば安心ですが、

抗体がない場合は妊娠中に感染しないように、

ペットとの接触などに気をつけましょう。





ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。