ランキングに参加しています。  ranking-banner


知っておきたい手当金

正常な妊娠・出産の場合には、分娩費は健康保険がききませんが、

申請をすれば次のような手当て金をもらうことができます。




ランキングに参加しています。  ranking-banner







● 出産育児一時金

本人が社会保険に加入している場合、

あるいは配偶者が社会保険に加入していて、

被扶養者になっている場合には、

健康保険組合や社会保険事務所から、

国民健康保険に加入していれば国民健康保険から支給されます。



金額は約35万円。



社会保険加入者は、会社、もしくは社へ直接申請し、

国民健康保の窓口へ申請します。



● 出産手当金

健康保険の加入者が、産休中の給料が、一定の基準より低い場合

標準報酬日額の6割が支給されるものです。



● 児童手当金

産後、生まれた子どもに対して、

一定年齢まで市区町村から毎月支給されるお金ですが、

所得制限があります。



2人目までは1人につき月額 5,000円。

3人目からは1人につき月額10,000円。



● そのほか

やはり所得制限がありますが、

ミルク代の支給、未熟児養育費妊娠中に入院したときの援助金などもあります。

詳しくは住んでいる地区の担当窓口へ相談をしましょう。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。