ランキングに参加しています。  ranking-banner


持病があっても妊娠、出産は平気!

持病と一口にいっても軽いものから重症まで実にさまざまですが、

日常生活に支障がない程度、つまり普通に生活しているのであれば、

妊娠・出産は可能です。





ランキングに参加しています。  ranking-banner




もちろん、健康な人に比べればいろいろなハンディがありますから、

妊娠から出産まで細心の注意を払って健康管理につとめましょう。

妊娠する前に主治医と相談し、からだの負担にならないような方向で

妊娠・分晩の計画を立てるのが理想的です。




しかし、妊娠に気づいた段階でも遅くはありません。

分娩方法については主治医の意見をとり入れることも大切ですから

主治医と産科医に連絡をとりあってもらい

それぞれの指示をよく守ることです。



産科医をきめるときも、かかりつけの病院が総合病院なら、

同じ病院内の産科のほうが医師同士の連絡もとりやすいので

安心できます。



主治医が個人の病院という場合は、紹介状を書いてもらいましょう。



慢性的な病気を持っている女性の妊娠・出産には

まわりの人たちの理解と協力がなにより大切です。

だんな様と十分に話しあい、元気な赤ちゃんを産むために、

二人三脚でがんばってくたさい。





ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。