ランキングに参加しています。  ranking-banner


慢性胃炎の人の妊娠・出産

慢性胃炎の人は、妊娠してもいいかどうかを

事前に医師と相談しましょう。




というのも、腎機能が十分でないと

流産、早産、胎盤機能不全などを起こしたり、

未熟児が生まれたりします。

また、妊娠中毒症になって、腎炎を悪化させることもありえます。




しかし慢性腎炎であっても、

高血圧やタンパク尿がなく、

腎機能があるレベル以上であれば、妊娠が可能です。


この場合も、妊娠中腎炎が悪化したりすれば、

母体があぶないので、人工中絶をしなければならなくなります。



医師に妊娠あるいは妊娠の継続が可能と診断されたら、

食事に気をくばり安静にすることが大切です




ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。