ランキングに参加しています。  ranking-banner


8週から11週(第3月)

この時期になるとほとんどの人が妊娠を意識します。

おなかの中の胎児は頭、手足などもはっきりしてきますし、

胎児の心音もはっきり聞くことができますので

母親になるのだという自覚も出てきます。


ただ子宮が膀胱を圧迫してトイレも近くなり、

おりものも出るので気分はあまりよくないことがあります。




また、流産の危険も多い時期なので長い時間立って仕事をしたり、

冷房のきいた部屋で足腰をひやすのは避けたほうがいいでしょう。

つわりの強い人はあまり深刻にならず、

食べたいものを食べたいときに食べるといったような、

リラックスした気分に自分をしむけることが大事です。




気分が不安定になることもありますが、

とくに出血やむくみがない場合は心配することはないのですから、

たまにはマタニティドレスでドレスアップでもして

街へ出て食事やショッピングを楽しむのもいいでしょう。

いずれにしても緊張しすぎないように明るく乗り切ることです。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。