ランキングに参加しています。  ranking-banner


流産はどうして起こるの?

妊娠の初期には流産の起こりやすい時期があります。

妊娠三か月ころまでの時期です。

その時期をすぎれば、胎盤も完成し、流産の危険は薄れるのです。



ですから、流産は妊婦がその状態を

よく自覚していれば、防ぐこともできます。

しかし不幸にして流産の徴候が見えたら、

あわてずに医師に連絡をとることです。




また、妊婦に責任のない原因に、

もともと成長することのできないような

奇形な胎児である場合があります。

染色体の異常などで、受精卵に病気などがあ場合もあります。




これらの場合は避けられない原因ですから流産しても

あまり嘆かないようにしましょう。





ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。