ランキングに参加しています。  ranking-banner


流産の徴候

流産の徴候は、まず出血にあります。

そのあと下腹部に痛みが起こります。

出血がはじまったら医師に連絡をとり、

妊婦は絶対に安静にしていてください。

そして医師に排出したものを見てもらうことです。




流産が起こるのは、胎児がが子宮の中で死亡している場合もあり

その場合母体が胎児を外へ押し出そうとして

胎盤がはがれ出血が起こるのです。




出血したとき、胎児は死亡していることが多いのですが、

そいった意味でも医師に見せることが必要です。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。