ランキングに参加しています。  ranking-banner


流産の予防とふだんの注意

まず、妊娠していることに気づかずに

いままでどおりの生活をしていたり、

げしいスポーツをしたりしていると、

それが流産のもとになりやすいので、

月経が遅れたりした場合には、

まず妊娠を確認することが大切です。




妊娠しているのに、重いものを持ったり、

走って転んだりしてはいけません。

そのほか、避けられる場合は引越しなどもしないほうが無難です。




また病気がうつることもあるので、

なるべく人ごみへ出るのはひかえたほうがいいでしょう。




妊婦自身が健康な場合はこうした注意さえおこたらなければ

そうやすやすと流産が起きることはありません。

むしろ以上に怖れるほうが精神的にまいってしまいますから、

ふつの妊婦生活をすれば危険はないと思っていいでしょう。




母体に病気がある場合は完全になおるまで

医師の指導を受けてなおしておきましょう。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。