ランキングに参加しています。  ranking-banner


食べたいときに食べれば大丈夫


つわりのときの食事のポイントとして

無理をしないで食べたいときに食べるという方法があります。

この時期はまだ赤ちゃんは小さいのですから

栄養のことをとくに心配する必要はありません。



母親がやせてしまっても、

赤ちゃんは結構栄養を吸収しているものなのです。




つわりのせいで低体重児が生まれたり、

流産したりというようなことは

ほとんどありませんから心配しないようにしましょう。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。