ランキングに参加しています。  ranking-banner


便秘や下痢

妊娠は病気ではありませんが、

初期のころは風邪によく似た症状があらわれます。

微熱が出る、鼻がつまる、というような症状ですが、

それは妊娠によるホルモンの変化で

体調がくずれ、抵抗力が弱っているからです。




便秘しやすくなる人もいます。

この場合もホルモンの影響で、腸の働きが悪くなるのです。



あまりしつこい便秘が続くようでしたら

医師に相談するのがいいでしょう。




市販の便秘薬や、やたらに浣腸などを使用するのは

危険ですからやめましょう。




食事療法としては、

繊維のある食物をふだんより多めにとることです。

もちろん牛乳を飲むのは便秘に最もいい療法です。



または、朝起きたとき水をグラスに一杯飲む、

というのも効果がありますから試してみてください。



便秘とは反対に下痢に悩む人もいますが、

これは体力を消耗しますから、

医師に薬をもらって早くなおすようにしてください。
自分のからだだけが特に異常なのだなどとは思わないようにしましょう。





ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。