ランキングに参加しています。  ranking-banner


栄養のバランスのポイント




妊娠中はふだんの2倍はカルシウム分をとるようにしましょう。

カルシウムが少ないと血液の凝固作用が低下し、

また、胎児のからだや骨をつくるのにも影響します。

母親も出産後に虫歯になりやすくなるので、

カルシウムは十分取ることです。




カルシウムが多くふくまれている食品は、

青い魚、しらすなどの小魚、海藻、スキムミルク、

豆腐、コンニャク、緑黄色野菜などです。




ミネララルの多い野菜が不足すると人間は、落ち着きがなくなるといわれます。

日本人がカルシウムをとっているのは、主に野菜からです。

100gの小松菜には一日の所要量の約半分のカルシウムが含まれています。







ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。