ランキングに参加しています。  ranking-banner


腹帯とは



古くから日本では、妊娠5ヶ月にはいったとき、

戌(イヌ)の日を選んで腹帯をする風習があります。



犬はお産が軽く、それにあやかって

戌の日に、安産を願ったものといわれます。



ずっと遡って江戸時代には、

酉(トリ)の日に巻いたということもあったそうです。



迷信だといってしまえばそれまでですが、

なにかとすべてが未経験な妊婦にとっては、

こうした風習をとり入れることも、

慰めというか、気持を落ち着かせるのにはいいことです。



しかし、最近は腹帯をしなくてもいいという病院もあり、

お祝いの当日に形だけ巻いて、あとはガードルにしたという

妊婦さんも多いようです。



昔は岩田帯といい、さらし本綿のものしかありませんでした。

いまは素材もさまさまなものが出まわっていますが、

さらし木綿は、夏ならば汗の吸収がよく、冬は保温に役立ちます。



いまはガードル式のものが普及しています。

産前用のガードルは、おなかの保護と保温ばかりでなく、

不安定なおなかを安定させる役割もします。

また腹痛の予防にも役立ち、

産後の妊娠線のしわの予防にもなります。




紙テープでおなかの大きさに合わせるもの。

ただはくだけのもの、長めのものも短かめのもあります。

実際に試してみてから、使いやすいものを選びましょう。




犬印妊婦帯 ハッピーバース テンダー マタニティL


妊婦帯めばえ《HB-8038》


犬印妊婦帯 岩田帯タイプ たんじょうII マジックテープ付き




ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
ステキなブログですね。seesaaのランキングサイトから飛んできました。旅は人の心を豊かにさせますね。今年の旅行の予定は決まりましたか?FC2で旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivito.blog62.fc2.com/

★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plaza.rakuten.hotelman@gmail.com
(URLとブログ名を明記して下さい)ではまた来ます。
Posted by 旅行好きのためのブログ at 2009年02月15日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。