ランキングに参加しています。  ranking-banner


妊娠線 その1




下腹部や乳房、お尻、太もも、ふくらはぎなどに

妊娠線
という赤紫色のすじができることがあります。




短時間のうちに急激に体重が増えたためにできるものですが、

予防法はいまのところありません。




妊娠線は太っているからできる、痩せているからできる、

というように分けられるものでもありません。



太っていても脂肪がたっぶりついている人は

あまり目立たないようですし、

痩せていてもおなかだけに脂肪のたまっているような人は

妊娠線が出やすいといわれます。




子宮の増大と皮膚の伸展性のバランスのずれから起こることから考えると、

妊娠する前にやせていた人ほどできやすいといえるかも知れません。




またちょっとぶつかってもすぐあざになったりするような人は、

体質的に皮下組織が弱いため妊娠線もできゃすいものと思われます。





ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。