ランキングに参加しています。  ranking-banner


妊娠線 その2




妊娠線
は食事療法である程度の予防はできますが、

とにかく太りすぎないことが肝心です。




マタニティガードルを使用したり、

マッサージをするのも予防の効果があります。




妊娠線は産後は白っぽくなり、目立たなくなります。

また、皮膚が敏感になっていて、胸や腹、足などに湿法ができたり、

ちょっとしたことでかかぶれたりします。

そういうときは医師に相談して薬をもらいましょう。





ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。