ランキングに参加しています。  ranking-banner


塩分は控えめに、好き嫌いも直しましょう




塩分はひかえめにしないと、

むくみや高血圧を招くことになります。



通常のときでも塩分のとりすぎは注意されますが、

妊娠中はとくに気をつけなければなりません。

できるだけソースや醤油、味増なども少なめに使うことが大切です。



加工食品、たとえばハムやソーセージにも食塩はふくまれていますから、

必要以上に使用しないようにしましょう。



食べるものの好ききらいは誰にでもあることですが、

妊娠を契機に食べものの嗜好が変わったという人もいます。

できればこの機会を利用して、偏っていた食事習慣を矯正するのも一案です。



妊娠中はなるべくたくさんの食品を

バランスよく食べるのが一番いいことなのですから、

新しい分野に挑戦してみるのもいいでしょう。



かといって、無理は禁物。

自然にさからわない程度に調理方法などを

工夫して偏食を少なくするのがいい方法です。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。