ランキングに参加しています。  ranking-banner


帝王切開

● 帝王切開

産道を通って赤ちゃんが産まれてくる代わりに、

母親のおなかを切開して、赤ちゃんをとり出す方法です。




帝王切開はあくまでも、難産が予想される場合や分晩が

異常な進行になり自然な分晩ができなくなった場合に行なわれ、



麻酔の方法や手術の技術が発達したかげで、

白然なお産では母・子ともに助からない場合でも

赤ちゃんが元気に生まれるようになりました。




ただし帝玉切開をするかどうかは、

あくまでも医師の判断によってきめられるものです。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



ラマーズ法

● ラマーズ法

精神予防性無痛分娩法のひとつですが

夫婦が協力して楽なお産に取り組むということで

最近は希望者が増えてきています。



呼吸法を主とした補助動作が中心ですが、それを夫と一緒に訓練し、

分娩にも付き添ってもらいます。



お産の自然な流れにそって呼吸法を何段階かに分けて行ない、

うまく陣痛の波に乗ってお産をすすめていくというやりかたです。



現在、ラマーズ法をとり入れている病院はそう多くはありませんが

今後積極的にとり入れていくところも増えていくでしょう。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



無痛分娩

● 無痛分娩

お産にともなう痛みを少しでも少なくしたり、

やわらげたりする方法のことをいいます。



無痛分娩のなかにも局所あるいは全身に麻酔をかける無痛分娩

針や急を使う無痛分娩より自然な精神予防性無痛分娩などがあます。



精神予防性無痛分晩は、出産の前に妊産婦が

分娩法の知識を学んで補助動作をあらかじめ練習することで

お産の痛みををやわらげようというものです。



精神予防性無痛分娩は、呼吸法を主とし、

マッサージなどを取り入れるラマーズ法

最もよく知られていますが、そのほか、

最近ではソフロロジーやリーブ法なども行われるようになりました。



ソフロロジーというのは、あぐらを基本姿勢として、

赤ちゃんをイメージしながら呼吸法でリラックスするといった方法です。



リーブ法は、お産の流れや仕組みについて理解したうえで、

赤ちゃんをイメージしつつ、気功をとり入れた方法でリラックスします。



医師から麻酔を使う分娩のほうが安全と進められたケース以外は、

自然なかたちで痛みを軽くできる精神予防性無痛分晩が、

最も安全な方法だといえます。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



普通分娩

● 普通分娩

昔から多くの女性が経験してきた、最も白然で安全な分娩法です。

お産の自然な流れにそって赤ちゃんを産むやりかたです。

しかし、自分自身がお産をするのだという主体的な姿勢と

お産に関する正しい知識がないと、

分娩が始まったとたん、パニックに陥ってしまい、

自分を見失ってしまいます。





ランキングに参加しています。  ranking-banner







普通分娩は妊産婦自身がリラックスして、

お産に対する過度の恐怖をとり除いてはじめて、

自然のままの楽なお産ができるのです。




お産の本などを読んでお産のメカニズムを理解するほか、

母親学級に参加したり、病院や保健所で開かれている

補助動作の講習会などに参加して実際のお産の役に立てましょう。




お産に関する正しい知識や補助動作を身につけておけば、

分娩のときに医師や助産婦の説明や指示を

よく理解することができます。

また日ごろから規則正しい生活を心がけ

からだをよく動かしておけばお産もスムーズに進みます。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。