ランキングに参加しています。  ranking-banner


腹帯の利点と欠点




腹帯をつける理由は医学的にはとくにないということですが、

おなかが前に出たためにそり返り、

無理な姿勢をとることになりますから、

それによって起こる腰痛をやわらげる役割も果たします。



また、腹部を固定してささえるので、

姿勢も正しくなり、動きやすしという利点もあります。



ただし、どうしてもさらし木綿では圧迫感があるという人は

無理をしないで、腹巻状のコルセットタイプのものを使用すると、

苦しさも半減しますし、脱いだり着たりにも便利です。




さらし木綿にもさまざまな利点はありますが、

巻くのに時問がかかり、木綿の厚みでおなかが大きく見えますし、

ぐるぐると巻きつけるのでずれやすいという欠点もあり、

とくに働いている人には不便かも知れません。



いずれにしてもお腹の保温と同定のために

自分が一番使いやすいと思うものを選びましょう。




はじめて妊婦帯  (クリーム/ML/しっかり)


デニム調ニット妊婦帯(補助帯内臓タイプ)




ランキングに参加しています。  ranking-banner



ガードル式腹帯と腹巻タイプ腹帯




ガードル、コルセット式の腹帯は動きやすく、

ずれたりゆるんだりしません。

見た目にもおなかがすっきり見えるという利点もあります。



しかしどうしてもガードルに抵抗のある人には、

腹巻きタイプのものがいいでしょう。



腹巻タイプは着たり脱いだりするのが簡単ですし、

トイレにはいってもその都度脱ぐ必要はありません。



病院で検査を受ける場合なども

胸のほうへ巻き上げるだけで診察を受けられます。

肌ざわりも綿でできた腹巻という感じで、

やさしくおなかを包んでくれます。



じかにつけても気持ちよく、汗も吸ってくれます。

冬は保温のために腹帯やガードルの上につけている人も多いようです。



妊娠後期になって、腹巻だけでは

おなかをささえているのが心もとないという場合は、

下腹部を持ち上げてバランスをとってくれる

補助ベルトをあわせて使用するといいでしょう。




《ガードルタイプの腹帯


犬印妊婦帯 ハッピーバース テンダー マタニティL

《コルセットタイプの腹帯


妊婦帯めばえ《HB-8038》

《腹巻タイプの腹帯


安産腹帯(シングル 一重 夏用)サイズM




ランキングに参加しています。  ranking-banner



腹帯とは



古くから日本では、妊娠5ヶ月にはいったとき、

戌(イヌ)の日を選んで腹帯をする風習があります。



犬はお産が軽く、それにあやかって

戌の日に、安産を願ったものといわれます。



ずっと遡って江戸時代には、

酉(トリ)の日に巻いたということもあったそうです。



迷信だといってしまえばそれまでですが、

なにかとすべてが未経験な妊婦にとっては、

こうした風習をとり入れることも、

慰めというか、気持を落ち着かせるのにはいいことです。



しかし、最近は腹帯をしなくてもいいという病院もあり、

お祝いの当日に形だけ巻いて、あとはガードルにしたという

妊婦さんも多いようです。



昔は岩田帯といい、さらし本綿のものしかありませんでした。

いまは素材もさまさまなものが出まわっていますが、

さらし木綿は、夏ならば汗の吸収がよく、冬は保温に役立ちます。



いまはガードル式のものが普及しています。

産前用のガードルは、おなかの保護と保温ばかりでなく、

不安定なおなかを安定させる役割もします。

また腹痛の予防にも役立ち、

産後の妊娠線のしわの予防にもなります。




紙テープでおなかの大きさに合わせるもの。

ただはくだけのもの、長めのものも短かめのもあります。

実際に試してみてから、使いやすいものを選びましょう。




犬印妊婦帯 ハッピーバース テンダー マタニティL


妊婦帯めばえ《HB-8038》


犬印妊婦帯 岩田帯タイプ たんじょうII マジックテープ付き




ランキングに参加しています。  ranking-banner



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。