ランキングに参加しています。  ranking-banner


便秘の改善 豆類




便秘を解消するのに最もよい食品である繊維食品

具体的にあげますと、豆類はその王様といえましょう。



大豆をはじめ小豆、うぐいす豆、うずら豆、えだ豆

そら豆、おたふく豆などの種類です。



また玄米にも繊維が多くふくまれ、

便秘には効果がありますが、

消化があまりよくないので、

ふだんから食べ慣れてしる人のほかは

無理に食べるのは危険です。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



塩分は控えめに、好き嫌いも直しましょう




塩分はひかえめにしないと、

むくみや高血圧を招くことになります。



通常のときでも塩分のとりすぎは注意されますが、

妊娠中はとくに気をつけなければなりません。

できるだけソースや醤油、味増なども少なめに使うことが大切です。



加工食品、たとえばハムやソーセージにも食塩はふくまれていますから、

必要以上に使用しないようにしましょう。



食べるものの好ききらいは誰にでもあることですが、

妊娠を契機に食べものの嗜好が変わったという人もいます。

できればこの機会を利用して、偏っていた食事習慣を矯正するのも一案です。



妊娠中はなるべくたくさんの食品を

バランスよく食べるのが一番いいことなのですから、

新しい分野に挑戦してみるのもいいでしょう。



かといって、無理は禁物。

自然にさからわない程度に調理方法などを

工夫して偏食を少なくするのがいい方法です。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



便秘の改善 イモ類やレンコン




野菜をたくさんとるのも、

便秘を防ぐのには必要なことです。



ただし、生野菜を多量にとるのは大変ですから、

芋類などを煮て食べるようにしましょう。

またごばう蓮根などの根菜類も便通をよくする食品とされています。



妊帳中に頑固な便秘にかかったら、自分でなおそうとしないで、

医師に相談して適当な接を受けるようにしましょう。



無理にりきんだりすると

早期破水
などを起こすこともあるので注意が必要です。

しろうとが院腸などを用いるのは絶対にやめてください。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



便秘の改善 繊維食品




便秘というのは、通常のからだでもいやなもの。

ましてからだが重くなっている妊娠中はなおさらです。



便意はあっても便が出ないので、

何度もトイレにかようことになると、

痔が出たりすることがあります。



そうなると便をすることも苦痛になりますから、

トイレに行くのもためらうようになり、

ますます便秘をつのらせることになります。



便秘を解消するためには、

食事療法をとりいれるのがいいでしょう。



便秘を解消するのに最もよい方法として

繊維を多く含んだ食品をとることは、ご存知でしょう。









ランキングに参加しています。  ranking-banner



わりが治まった後の食事量に注意しよう




頑固なつわりもおさまりました。

赤ちゃん
をおなかの中で育てているお母さんは食欲が出てきます。



人によっては普段の倍の量を食べたがるようになります。

しかし、食欲があるからといって食べたいだけ食べていますと、

胃腸をこわしたり、肥満になったりしますから、

適量を保つことが大切です。



太りすぎは妊娠中毒症になりがちですから、気をつけましょう。

またメニューにはなるべく糖分をとり入れすぎないように考えましょう。



米飯やパン、麺類などには糖分がちゃんと含まれていますから

そのほかの菓子類などで糖分の不足を補う必要はありません。



果物にも糖分はふくまれていますから、

のどが乾いたからとしって

多量に果汁をとりすぎるのも考えものです。



のどが乾いたら緑茶、紅茶、さゆなどを飲むようにしましょう。




ランキングに参加しています。  ranking-banner



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。