ランキングに参加しています。  ranking-banner


のんびり、リラックスしましょう!


つわりの原因はまだはっきりとわかっていません。

胎盤の組織の中の絨毛から出る性腺刺激ホルモンが

嘔吐中枢を刺激するという説や、

自律神経の失調からくるという説や、

精子という異質タンパクの侵入によって起こる

アレルギー症状という説などがあります。




そのほかに、家の中のもめごととか

必要以上に出産への不安などがある場合にも起こりやすく、

神経質な人ほど症状が強く出ます。



反対に仕事をしている人、のんびりしている人などは

比較的つわりになるケースは少なく、やはり気持の問題が大きいようです。

上手な気分転換法を考えてください。



ごくまれなことですが、 胃に他の病気があることもありますから、

つわりだけにとらわれないことも大事です。





ランキングに参加しています。  ranking-banner



つわりのときの食事はこれ!


つわりのときはおなかが空くと

気持が悪くなるという傾向がありますから、

空ききってしまわないようになんでもいいですから、

少しずつ口に入れておくようにしましょう。




一回に食べる量を少なく何回かに分けて食べるのもいいでしょう。

においのするものは気持が悪くなるので、

なるべく避けましょう。




食事のしたくをやりたくないようなときは、

無理をしないで外食をとることをおすすめします。



また、激しい嘔吐のあとは水分が不足しますので、

必ず補給しましょう。

水分が不足すると便秘になり、便秘をすると

つわりがひどくなるという悪循環におちいりがちです。




便秘を防ぐ食品には、

ヨーグルト、牛乳、果物、野菜などがいいでしょう。




また、蜜柑などすっぱいものをほしがる人がいますが、

あまりとりすぎるのはよくありません。




朝起きたときにむかっくようだったら

クッキー、サンドイッチ、海苔まきなど

を用意しておいて、少しでもつまむといいでしょう。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



食べたいときに食べれば大丈夫


つわりのときの食事のポイントとして

無理をしないで食べたいときに食べるという方法があります。

この時期はまだ赤ちゃんは小さいのですから

栄養のことをとくに心配する必要はありません。



母親がやせてしまっても、

赤ちゃんは結構栄養を吸収しているものなのです。




つわりのせいで低体重児が生まれたり、

流産したりというようなことは

ほとんどありませんから心配しないようにしましょう。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



つわりとは


●つわりには個人差があります

妊娠していることに気がつかないで、

胃のぐあいが悪いからと医者に診てもらう人がいますが、

女性が吐き気がある場合はまず妊娠を疑ってみることが大事です。



風邪だからといって薬を長い間飲んだり、

咳が出るからといってレントゲンまで撮ってしまう人がいますが、

注意してそういうことのないようにしたいものです。



またつわりには個人差があり、

ほとんど感じないという人と、重症で入院する人もいます。



いずれにしても胎内で一つの生命が育ちはじめているのですから、

全然なにも感じないということはありませんので、

自分のからだだけが特に異常なのだなどとは思わないようにしましょう。





ランキングに参加しています。  ranking-banner



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。