ランキングに参加しています。  ranking-banner


仕事を持つ人が、気をつけたい9つのポイント


● 時間を見つけては休息を取るようにする。

横になるだけでなく、足を椅子の上に上げるたけでも、疲れがとれます。



● 通勤はラッシュを避け、バスは振動の少ない前方に乗ります。



● 上者、ひざかけ、ソックスを用意し

冷房でからだがひえすぎないようにしましょう。



● 機会を見つけて、軽い散歩をし、戸外の新鮮な空気を吸いましょう。



● 職場でのスポーツ大会や社員旅行は、参加しないほうが無難です。



● 職場での健康診断は積極的に受けてもいいですが、

X線と予防接種はやめましょう。



● 流産の徴候が少しでもあったら、安静にし、

必要な場合は医師の診断を受けましょう



● 家事はむりをせず、疲れたら手披きすることも必要です。



● 食事は栄養のバランスを考えて、しっかりとりましょう。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



仕事を持つ人の健康管理


丈夫な赤ちゃんを正常な分晩で産むために、

妊娠中の健康管理はなにより大切ですが、

それは職場でも同じことです。



仕事の内容がたとえば、

化学物質を扱ったり、X線にさらされたり、かなりの重労働で

流産しかねないということであれば、

仕事の部署を変えてもらわなければなりません




こういうときのためにも、

妊娠のことはできるだけ早く話すことが必要で、

会社としてどのような措置がとれるか相談しておきましょう。







ランキングに参加しています。  ranking-banner



仕事との両立について

働く女性が一度はつきあたる問題ですが、

個人レベルで心苦しく思ったり、クヨクヨ悩む必要はありません。

妊娠中も自分でできる範囲で精いっぱいがんばればいいし、

出産後会社に復帰したとき、

遅れた分をとりもどす意気込みで働けばいいのですから。



からだに負担のかかる無理なことはできませんが

妊婦であることに甘えることなく、誠実に働き、

どんなことにも感謝の気持を忘れないことが大切です。




これからは赤ちゃんができても働き続ける女性が増えていくことでしょう。

あなたがここで大きな負担を党悟でがんばれば、

あとに続く後輩のはげみにもなります。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



まずは職場に報告しましょう

女性が結婚しても働き続けることは普通になってきました。

しかし、妊娠し、赤ちゃんが生まれるとなると、

今までどおりというわけにはいきません。



女性が妊娠して最初に悩むことは職場での人間関係ではないでしょうか?


 妊娠したことをすぐに報告したほうがいいか?

 しばらく黙っていたほうがいいか?


からはじまり、

 人に気を使わせたり、迷惑をかけたりするのではないか?


ということなどなど。



仕事に責任を持ち、出産後も同じ職場で働きたいと思っているのなら、

妊娠したことを報告するのは当然のことです。

少なくとも直接の上司と、同じ課の同僚には素直に話しましょう。



健康なからだでなんの異常もなければ出産までは

ごくふつうに仕事をこなすことはできます。

しかし、出産後は育児休暇をふくめて、

かなり長期に会社を休むことになりますから、

どうしても職場の人の負担が増えることになります。






ランキングに参加しています。  ranking-banner



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。